あなたの願いを叶える美容外科クリニックの治療法

レディー

二重整形について

看護師

キレイな二重を手に入れることができる二重整形の施術には、抵抗を感じる方もいらっしゃるかも知れません。二重整形の施術は大阪各地の美容外科クリニックで行なうことができますが、その内容をあらかじめ知っておくことで怖さは薄れてくれるのではないでしょうか。
二重整形の施術で用いられる手法は大きく分けて二種類の方法があります。それは「埋没法」という方法と「切開法」という方法です。大阪の美容外科クリニックではいずれの施術も用いられていますが、ここでそれぞれの特徴をおさえておきましょう。どちらの施術がご自身に適しているか、この情報を実際の施術の参考にしてみてはいかがでしょう。
まずは埋没法についてです。埋没法は糸を用いて施術を行ないます。注意しなければ見えないほど細い糸をまぶたに通し、それによって二重まぶたを生成します。この施術の特徴は、施術にかかる時間と身体に与える影響です。皮膚にもたらす痛みは非常に少なく、また、施術時間は非常に短いものになっています。大阪においてもその手軽さから人気の高い施術になっています。
もう一つの施術法は、切開法というものです。埋没法とともに大阪の美容外科クリニックで用いられている施術です。切開法の大きな特徴は、その完成度にあります。切開法により、埋没法よりも強固な二重まぶたが構築されるのです。一方で、腫れや痛みが埋没法よりも取れにくいという面もあります。より効果が高い分、より術後のダウンタイムが長いというものが切開法の特徴なのです。
いずれの施術も、術後には多少の腫れが出る場合があります。施術方法によってその解消期間は変わってきます。埋没法であれば、一般的に二日から一週間の間とされています。切開法であれば、一週間から二週間の間とされています。腫れが出ている間は、化粧を濃くするなどの対応をして外出するという対策が多く取られているようです。また、腫れを引かせるためにご自身でも行なえるいくつかの対策があります。例えば、患部を軽く冷やしたり、体を温めすぎないという対策が有効です。また、横になると頭と心臓の高さが同程度となってしまい腫れが進行しやすくなってしまうため、枕を高くするなどの対策をすることにより頭を心臓よりも高い位置に保つことも大切です。具体的な対策は、美容外科クリニックに問い合わせてみると良いでしょう。
二重まぶたをつくりあげる方法にも様々なものがあります。現在ではより安全な施術方法が用意されていますので、事前に情報を仕入れて適切な施術を受けるようにしてみてはいかがでしょう。